派手ではないけど地域に根差した出会い

婚活に興味を持ち始めたのは、周囲の友人が結婚し始めた20代の後半からでした。

正直、20代前半はそういった事に全く興味がなく、仕事が忙しかったことから、付き合っていた人もおらず自分磨きとは無縁の生活をしていたので、何から手を付けたら良いのか分かりませんでした。

全く男性との付き合いがありませんでしたので、友人から紹介された合コンに行ってはみました。

ですが、空気に馴染めず結局は玉砕したこともありますし、服装についても自分はどうにも浮いている節があり、友人頼みで全てのコーディネートを丸投げしたり、室内で第三者に合わないという仕事柄もあり、人前に出ないのを良い事に化粧もしてこなかっので、これについても一から手解きをお願いしました。

なんとか形になって、今度は企業主催や市が主催する婚活パーティーに行ってみることにしたのですが、色々と面白い体験が出来ました。

企業主催だとある程度の人数が集まらなかったり、男女比に差がありすぎると開催しないこともありますが、とある市主催のパーティーでは一つのテーブルで男女比5:1なんて時があり、女性の人数が極端に少なかったため通常は男性がテーブル移動を行いますが、この時は女性が行いました。

さらに、上記の男女比のせいかテーブル移動の都度、女性が自己紹介するより一度に終わりにした方が効率が良いと感じたらしく、女性が全員一緒に壇上に立って全員の前でマイクを使っての自己紹介という、なかなか恥ずかしい方法が行われました。

この時のパーティーは参加する人の年齢が特に決まっていなかったせいか、かなり高めで自分の父親と同年の方もおり、少なくとも一回りは年上の方ばかりで驚きました。

全体的な感想としては参加費は比較的に安く、企業主催に比べて半額程度の値段ながら一応立食もありましたので、なかなか面白い体験ができたといった思いです。

他にも、参加した物ですと市内のお菓子屋さんの店舗をお借りして、お菓子作りを通じての交流から入る体験型のパーティーやシンプルにお話のみのパーティーなど型にはまらない物が多かった気がします。

市が主催するパーティーでは大抵その場でマッチングできれば連絡交換ができ、後の付き合いは本人次第になります。

何度がそういったものに参加し、一回だけマッチングできた方と数回お食事に行ったりしましたが、結局は結ばれずに終わりました。

ですが、経験としては生きていると思いますし、こういった出会いもあると知れたのは良かったと思います。

ただしパーティーが面倒なら、出会えると評判のPCMAXもオススメです。

かなりお手頃価格で利用できるので良い感じです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする